省エネ


省エネシステムのご案内:事務所、店舗の電気料金はまだまだ減らせます

 

弊社は、株式会社ナック(本社東京都新宿区、代表取締役寺岡豊彦)とビル向け省エネシステムの販売において提携致しました。このシステムは、「電気の使用状況を変えないで、電気料金を削減する」方法です。株式会社ナック(東証一部上場、2013年度売上高916億円)だから安心の省エネシステムです。現在月7万円以上電気代がかかっている企業様にお勧めのシステムになります。多摩地区ではウエスト東京株式会社が責任を持ってサポートします。下記の通り、まずは無料診断致しますのでお気軽にお声かけください。また、ナックは、エアコン、LED,蓄電池等も取り扱っておりますので、トータルの節電コンサルティングも行っています。 


1.概要
  • 電気の使用状況を変えないで、契約電力を下げることによって電気料金を削減する方法です。
  • これは、コントロールビューモニター、マルチネットワークブレーカー、空調機内に制御端末を取り付けることで可能となります。(詳細は下記「システム構成」ご参照)
  • 初期費用は、80~100万円程度(低圧電力契約の場合)ですが、このシステム設置により、電力料金は年2~3割の削減が期待でき、3~4年で投資回収が見込まれます。
2.システム構成
株式会社ナックのエネルギーマネージメントシステムは、下表の3つの機器で構成されます。システム価格は、低圧電力需要家の場合、工事費込みで80~100万円程度です。

 機器             機能 写真
コントロールビューモニター 1.電気使用量が契約電力量を一定時間超えたときに、空調に取り付けられた制御端末に信号を送り、運転を制御する。
2.LANにつなげることで、事務所内のパソコンで電力使用量が確認できる。(電力使用状況の見える化)
 
マルチネットワークブレーカー 

 電気使用量が契約電力量を超えたとき、(JIS規格で許容されている)一定時間はブレーカーが落ちないように設定されたもの。これにより契約電力を低く変更し、基本料金を削減できる。

 
 制御端末配線


 コントロールビューモニターからの信号を受け、空調のコンプレッサーを制御し冷房が送風に変わる。(電力量が契約量を下回ったら冷房に戻る)

3. 導入事例
導入実績の一例です。初期投資額は3~4年で回収することが期待できます。

 施設
設置前 
電力料金
設置後 
電力料金
削減額
上段(月)、下段(年)
 群馬県配送センター 108,366円/月 83,956円/月
▲24,410円
▲292,920円
 埼玉県オフィス         179,438円/月   154,666円/月
▲24,773円
▲297,276円
 神奈川県展示場     118,410円/月    90,092円/月
▲28,318円
▲339,816円

4. 導入までの流れ

Step 1 無料診断(1時間程度の現地調査)
    事前に過去12か月分の電気料金明細表、電気設備図面をご用意頂きます。
Step 2  削減プランのご提案
    削減シミュレーションを提示します。その内容を見て導入するかどうかをご検討頂けます。
Step 3  契約
             お客様と株式会社ナックの間の契約になります。
Step 4  機器設置工事
    半日から1日程度、お客様の営業の支障にならない時間帯に行います。
Step 5 長期保証付き
    省エネシステムは株式会社ナックの5年保証付きです。



Ċ
松永民生,
2015/04/15 17:55